酵素とは?

テレビやインターネットのニュースで多く見かける「酵素」という言葉。
特に、健康食品やダイエット、洗剤などに関連した話題になると酵素という言葉がもちきりだと言っても過言ではないくらい多く見かけます。

酵素を摂るおぼろげには酵素が健康に良いというイメージは誰しも持っていると思いますが、実際に酵素とはどのような働きを持っているのでしょうか?

酵素はたんぱく質の一種で、食物の消化や呼吸や運動、怪我の治癒を含めた代謝活動などを行っており、種類は人間の体内だけでも4000種類以上存在すると言われています。

人は酵素の力で生命を維持している

人間を含めた全ての生物が、食べ物などの栄養を元に、器官や細胞組織を正常に機能させるという生命活動を常に行っています。
酵素は生命活動を維持する上で重要な代謝をサポートする必要不可欠な栄養の一つです。体内の酵素量は遺伝子ごとに体内で作られる量が決まっており、加齢とともに酵素を作る働きは衰えてしまいます。
酵素が減ってしまうと、運動能力や器官の活動能力が衰えてしまい、病気や怪我や老化などに繋がってしまいます。

酵素は日頃の健康を保つために重要な存在なので、酵素の多い食品を日常的に摂るようにするなどの対策が病気や怪我の少ない健康的な毎日を過ごすために重要だと言えます。

Comments are closed.